クレジットの審査は厳しい??いいえ、アナタでも持てるクレカがあります

クレジットカードを作りたいけれど中々、審査を通過できないことがあります。
審査を通過することが厳しい場合には仕事に原因があるかもしれません。
例えばアルバイトを転々としているなどが原因です。
会社員をしていて長期間の勤務をしていれば社会的な信用があるので審査の通貨は難しくはないです。

アルバイトの場合でもまじめに仕事をしていて継続して勤務をしているならばクレジットカードを作ることは出来るのです。
このように、仕事がクレジットカードの作成には密接に関係しています。収入がしっかりしていれば返済能力があるとみなしてもらえます。
そうなのでそれによって審査を通過することが出来ます。

とにかくお金があるということが条件です。
それは当然のことなのです。
クレジットカードはカード会社が支払いを肩代わりするだけでありお金をもらうことが出来るわけではないです。
そうなので、収入がしっかりしているような人が審査を通過できるようになっています。

クレジットカードの審査とキャッシング枠

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という二つの枠があり、それぞれに利用限度額が設定されています。
大抵のクレジットカードには両方の枠が設定されていることが当たり前でありましたが、貸金業法が改正されてからその当たり前が変化してきたようです。

クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となります。
しかし、クレジットカードの主たる機能であるショッピング枠には適用される法律が違いますので、総量規制の対象にはならないというちょっとややこしいことになっています。
クレジットカードの審査でキャッシング枠を設定することで以前よりも審査が厳しくなっているといわれている理由です。

クレジットカードの申し込みにおいてキャッシング枠の設定を希望しないということにすればよりクレジットカードの審査に通りやすいことになっているようです。
キャッシング枠を利用しないという人は設定を希望しないという申し込みをした方がいいでしょう。

クレジットカードはだれでも作れる?

クレジットカードを作る際、年収がない人でも作れるのか心配になる人もいるかと思います。
自分自身で収入がある人はなにも心配ありませんが、そのほかの専業主婦、学生など無収入の場合、審査に通るのか疑問になると思われます。

実際、会社によって作れるカードと作れないカードがありますが、大半のものは無収入でも問題なく作れます。
その場合個人の収入ではなく、世帯として収入があるかどうかが大事であり、たとえ本人の収入がゼロであってもクレジットカードは作れるし使えます。
そのため、まだ仕事ができない学生であってもクレジットカードを作ることができます。
しかしその場合、配偶者の収入を証明するものや、同意書などが必要になります。

実際に、専業主婦にたくさん作ってもらいたいというクレジットカード会社は増えてきています。
その理由は、光熱費や携帯費、ショッピングなどあらゆる生活面でクレジットカードを通してほしいからです。
使えば使うほどお得になるポイント制のくれじっどカードは主婦に人気で、最近さらに増えてきています。

しかし実際は主婦への審査は厳しいのでしょうか?
クレジットカードの作成にあたり誰もが通る入会審査。
どんな人でも結果が出るまではドキドキするものですが、ご自身で働かれていない専業主婦の方にとっての審査は厳しいものなのでしょうか。

この場合において最も重視される審査項目は「過去にクレジットカードの支払いを滞らせたり、ご本人や旦那様が自己破産や任意整理といった事故を起こしていないか」というポイントです。
ご本人はもちろんのこと、ご主人の過去についても慎重に見極められます。
家計が苦しく申請をされた場合、再び事故を起こされるのではないか、という懸念が大きいようです。

また、これまでに一度もクレジットカードを利用されないまま30歳以上になられたという方は「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になり、年齢を重ねる毎に審査落ちする可能性が高まる傾向にあります。
これは金融事故を経験してから5年以上が経過し、信用情報がリセットされた方とクレジットヒストリー上で同じ条件になるためです。
今はカードを必要に思わないという方も、このような事態を避けるために20代の間に1枚でもカードを作成しておくことをおすすめします。

また普通に仕事をされていて収入のある方でもクレジットカードの審査に落ちてしまった方もいると思います。
そういう方は申し込みをしたクレジットカードとの条件が合っていなかったのかもしれません。
自分の収入と比べてレベルの高いクレジットカード(例えば年収が◯◯万円以上などの条件)を申し込んでいたのかもしれません。
申し込む場合はカード条件を良く確認する事も大切です。

また、過去に支払いの延滞履歴がある場合は審査に通りにくくなる傾向にあるようです。
しかし100%確実に審査に受からないわけではありません。
クレジットカードによってはすごく敷居の低いカードも存在するのです。

審査に通らない人はどうすればよいのかというと、比較的審査が緩めな無料のクレジットカードをまず作るのがいいんだよ。
そう、このカードのような、だ。このカードはブラックリストでも一番作れる可能性があるおすすめの1枚だ。
出典:ブラックの人でも作れるクレジットカードはこれ!

クレジットカード審査が通らないワケ

クレジットカードを新規で作るとき、個人情報記入後に審査があります。
その審査に通らないとクレジットカードは作ることができません。
この審査、すんなり通ることが多いとは思いますが、思わぬ理由で通らない、ということもあるのです。
実は私も一度通らなかった経験があります。
その時に言われたのは、「理由はお伝えできませんが、審査が通りませんでした。」ということ。

そうなんです、基本的に理由は教えてもらえません。
なにが理由かわからないようでは、次にクレジットカードを作りたい場合も審査が通らない可能性が高いということ…。
自分で思い当たることを考えた結果、数か月前にネットショッピングで1度滞納してしまったことがある、ということが原因なのではないか。そう結論に至りました。
普通に収入があり、カードの支払を滞納する心配がなかったとしても、過去の履歴で審査を落とされることがあるのかもしれないと気が付いたのです。

クレジットカードの使用に関しては、カード使用者とクレジット会社との信用問題なので、「滞納した過去がある」ということ審査の大きなポイントになるのかもしれません。
ちなみに数か月後に再度クレジットカードを作ったときには無事に審査を通過できたので、時間が経てば過去の滞納も見逃してくれるようです。

意外な理由で審査落ち?クレジットカードの審査は甘くない!

近頃はユーザーのニーズに合わせたさまざまなクレジットカードが各社から発行されていますね。
特定のサイトでのショッピングで還元率が優遇されるカード。
提携店が多く、コンビニやスーパーなど日々の買い物でポイントがたまりやすいカード。
それに、交通系マネーにクレジット機能が一体化した便利なカードも人気です。

さて、こういったクレジットカードを新しく作りたいと思ったとき、まず「壁」になるのが審査です。
「壁」というと少し大げさかもしれませんが、実際、意外な理由でクレジットカードの審査落ちをしてしまうケースは少なくないのです。
例えば、携帯電話料金の支払い状況。最近は携帯端末をローンで買う人も多いですよね。

こういった携帯電話の支払い状況も信用機関にはばっちり掲載されています。
信用機関ではだいたい24か月以内の支払い状況などが詳細に確認できるといいますから…心当たりがある人は、今申し込んでも審査落ちしてしまう可能性がなくもありません。

また、一度に複数のカードに申し込むのも、「多重申し込み」となり、審査落ちしやすくなるのです。
お得な入会キャンペーンにつられて、ついつい一気にいろんなカードを申し込むというのは、避けたほうが良いようです。
基本的に厳しいクレジットカードの審査。
中には比較的緩いといわれるカードもありますので、いったん審査落ちした方は時間をおいてそういったところに申し込んでみるのもよいかもしれませんね。

クレジットカードの審査が厳しい理由

クレジットカードの審査が厳しいのは、一つの優しさだと思います。
昔の金貸しは、お金が必要な人に高利で簡単にお金を貸していました。
そのため人々には嫌われましたが、かなり儲かり豊かな生活をしていました。

簡単に審査に通して誰でもクレジットカードが持てると、利益を取るために延滞した時の利息は上がると思います。
むしろ利用する時の手数料が跳ね上がるでしょう。
たくさんの人に無作為に貸すと、それだけ回収できなかった場合のリスクが上がるからです。
そしてカードを作ってしまったために、人生が狂ってしまう人が大量に出ます。

その点クレジットカードの審査を厳しくしておけば、利息は上がらず回収できないリスクは下がり、破産して人生が狂う人間も少なくなります。
自社の利益を出すことも勿論ですが、日本全体のことを考えると、安易に審査を甘くするべきではありません。
故に審査が厳しいことは、一つの優しさだと思うのです。

作ることができるカード枚数は?

クレジットカードを利用しています。
毎月の支払関係やネットでのショッピングの場合は、クレジットカード決済がすぐにできて便利なので使っています。
ポイントも付き、増えてくるとうれしくなります。
実際に利用しているカードは1種類なのですが、これまで作ったカード枚数は結構になります。

住宅ローン、マイカーローンなどの申し込みの際に金融機関から求められてとか、ポイントがつくからとか、映画の値段が安くなるからとか言われて使いもしないクレジットカードを作って10枚ぐらいになったことがあります。
その都度すぐに解約していればよかったのかもしれませんが、さすがにそれだけ増えてきたせいか、一時期カードが作れなかったこともあります。
求められても作らなければいいのにと思うのですが、その時々の得点につられて作っていました。
いまは実際に使っているもの以外は解約している状況です。
結局つくれなかったというのは、それだけ審査が機能していることの表れだとおもうのですが、作れといっているくせにという感じもします。
実際に利用しないカードを持たれても、カード会社には利益にならないからそれも当然なのですが。

ゴールドカードへの憧れ

社会人1年目、仕事の悩みを聞いてやると飲みに連れて行ってくれた部長が支払いに使っていた光り輝くカード。
それがあまりにもカッコよくて、「ゴールドカードが似合うビジネスパーソン」を目指してきました。

ほとんどのゴールドカードには、年収だけでなく一定の年齢要件もあります。
概ね30代以上でしょうか。
自分がゴールドカードを持てるのは少なくとも数年待たなくてはと思っていた矢先に、「ヤングゴールドカード」の存在を知りました。
主に20代向けのゴールドカードで、通常よりも審査基準が低く、また年会費もお得なカード・・その分、空港のラウンジが使えないなど機能を制限しているものもあるようです。でも良いのです。だってカッコイイから持ちたいだけなのですから!

そんなわけで最初に申し込んだゴールドカード、2件。
大手銀行が発行するヤングゴールドと、憧れのハイステイタスカード会社が発行するヤングゴールドカード。
20代の中でも、年収はそこそこという自信を持っていたのですが・・・まさかの、ハイステイタスカードは審査落ち・・!
その憧れのカードをお持ちの先輩に聞いてみたら「ステイタスカードは年収だけでなく、勤続年数とか会社の規模も見るよ」と。
・・ショックでした。

でも、新しい目標ができました。
見ていろよハイステイタスカード!30代になったらそちらが審査即答するぐらいの自分になるぞ!と。
財布に光る第二希望のヤングゴールドカードを見ながら、いつも自分を鼓舞しています。

クレジットカードの助けられた場面

以前に友人宅に宿泊させてもらったときのことです。
友人の好意にお礼がしたいと思い、近くのレストランで食事をしようと誘ったのですが友人は気を使わなくていいと言い、結局近くのスーパーマーケットでお酒とおつまみを購入して家飲みすることになりました。

そしてお酒とおつまみを籠いっぱいに入れてレジカウンターに持ち込んだところ、財布にはお金が少ししか入っていないことに気づきました。
お世話になっている友人へのお礼のつもりが友人にお金を借りることになってしまうと考えると、申し訳ない気持ちで頭がいっぱいになりました。

友人に、「ごめん、実は・・・」と言いかけたところで、財布にクレジットカードが入っていることに気づきました。
これまでスーパーマーケットでクレジットカードを使用したことがなかったために、ここで使用できるという考えが思い浮かばなかったのです。

友人に「お金を貸して」と言うギリギリのところで口を閉じ、レジカウンターで働いている人に「カードで支払いできますか」と何事もなかったようにかっこよく訪ねると「はい、できます」という答えが返ってきました。
このときは思わずガッツポーズをしたくなるほど嬉しかったのを覚えています。